秋の工作&玄関の飾り作り

紅葉

まちまちスタッフの山縣です。
12月になりました!クリスマスの話題も少しずつ聞こえてきましたが、まちまちの入り口には大きなリース風の飾りができました♪
水曜日の工作では、月に1回、玄関に飾る絵を作っています。
季節感のあるものを、ということで保育士のスタッフ中心に毎月色々なデザインを考えています。

まずは11月下旬に落ち葉拾いをして秋を満喫。
今回は近所のお寺に協力していただき、イチョウ・紅葉・どんぐりなどをたくさん拾いました。
場所選びで下見にも行ったのですが、なるべく活動に集中できるように遊具の少ない場所や広さなども考慮し、今回の場所を選びました。

落ち葉拾い

スタッフと一緒に1~2人ずつ拾いに行き、拾った落ち葉やどんぐりは各自の袋に入れていきます。
持って帰れるのは袋に入る分だけ、袋がいっぱいになればおしまい、と約束をしてみんなしっかり終わることができました。

まちまちに帰ってきたら、丸く切った段ボールにボンドやのりで貼り付けていきます。
段ボールが見えなくなるまでたくさん貼ったり、葉っぱの上にどんぐりを乗せたり・・・と色々なデザインができました。
12月を意識して、ティッシュを雪にみたてて飾るアイデアにはスタッフもびっくり!
いつもワクワクと楽しそうに作るみんなの様子は本当に素敵です☆
のりなどが手につくことが苦手な場合には両面テープで貼ったり、背景の色塗りをしたりとそれぞれに合った方法で工作に参加出来るように準備しています。

出来上がったものを並べてカラフルな背景に貼っていくと
クリスマスリース風の玄関アートが完成です♪

12月絵

まちまちに来て一番に見えるドアの飾りは、こんな風に出来上がっています。
毎月違うデザインに変わっていくので、ぜひ一度見に来てみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA